転職エージェント利用の基本的な流れ

基本的な転職エージェント利用の流れをまとめました。
転職エージェントによっては多少順番が前後する場合がありますが、概ね流れは同じです。

基本的な流れ

  • 利用登録を行う
  • キャリアアドバイザーとの面談(カウンセリング)
  • 履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスを受ける
  • 求人情報の紹介を受ける
  • 企業へ応募
  • 面談日時などのスケジュール調整・面接対策
  • 企業の採用面接を受ける
  • 内定が出た場合は勤務先の退職手続きを行う

それぞれを詳しく解説していきます。

step
1
利用登録を行う


転職エージェントを利用したい場合は、まずはインターネットで無料の利用登録を行ってください。

氏名や生年月日、連絡先といった基本の情報(プロフィール)に加えて、学歴・職歴・経験年数、直近の年収などを入力するケースもあるので、予め確認できる資料を手元に用意しておくとスムーズに入力できます。

パソコンはもちろん、スマートフォンからも利用登録が可能です。
利用登録の完了後、メールや電話で連絡があるのでキャリアアドバイザーとの面談の日時を調整します。

step
2
キャリアアドバイザーとの面談(カウンセリング)


blank登録が完了したら、キャリアアドバイザーとの面談(カウンセリング)を行います。
転職エージェントの拠点(オフィス)が近くにないという場合や、どうしても都合が合わないという場合には、電話で面談を行うことも可能です。

面談で転職に関する希望を伝えたり、不明な点や不安があれば転職活動のプロであるキャリアアドバイザーに直接相談することもできます。
アドバイザーを通じて社風などインターネットや求人票では分からない情報を得ることも重要です。

step
3
履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスを受ける


履歴書
転職活動の第一関門ともいえる書類選考で、企業に魅力をアピールできる履歴書や職務経歴書・ポートフォリオの書き方をアドバイスしてもらえるのは転職エージェントを利用する大きなメリットです。

アドバイザーによる書類の添削も受けられるので、書類選考の通過率も高まるでしょう。

step
4
求人情報の紹介を受ける


面談(カウンセリング)の際に伝えた希望を基に、厳選した求人情報が紹介されます。
機械的な検索結果が表示される転職サイトとは違い、個人の特性を加味するため、予想外の業種を紹介されるケースもあるでしょう。

また、転職エージェントでは一般には公開されていない非公開求人が紹介されることもあります。

step
5
企業へ応募


転職したい企業が見つかったら、企業への応募(応募了承)を行います。
転職エージェントによってはこの時に推薦状を書いてもらえるケースもあり、企業へより強くアピールすることが可能です。

step
6
面談日時などのスケジュール調整・面接対策


blank書類選考に通過したら、面談日時などのスケジュール調整と面接対策を行います。
転職先の候補が多く、複数の企業で面談を行う場合のスケジュール調整も転職エージェントに任せておけば安心です。

面談が決まったら面接対策として企業担当者の質問を想定した模擬面接を受けることもできるので、自分がアピールしたいことを予め整理して、本番でも力を発揮することができます。

step
7
企業の採用面接を受ける


握手企業の採用面接は転職活動の中でも最も緊張する場ですが、転職エージェントの面接対策で学んだことをしっかりと復習して臨みましょう。

アドバイザーは自分では気付きにくい長所を見つけて教えてくれるので、自己アピールが苦手という方も安心して面接を受けることができます。

step
8
内定が出た場合は勤務先の退職手続きを行う


企業から内定が出たら、勤務先の退職手続きを行いましょう。
転職エージェントは勤務開始日の調整を行い、仕事の引継ぎの方法も教えてもらえるので、初めての転職もスムーズに進みます。

勤務先の上司に退職を伝えにくいという場合もアドバイスを受けることが可能です。

-転職エージェント

Copyright© おカネのキホン , 2021 All Rights Reserved.