LINE FX

LINE FX

サービス改良でより簡単に!手軽にFXを始めるなら「LINE FX」

  • LINEアプリから簡単に申し込み可能!
  • 取扱通貨ペアは23種類!
  • LINEのトークアプリでFX関連の情報がチェックできる
取引単位 1,000通貨 取引手数料 0円
最低入金額 0円 通貨ペア数 23ペア
最大レバレッジ 25倍 スプレッド
米ドル/円
0.2銭
(原則固定/例外あり)

独自の取引ツール「LINE FX」使っていつでも直感的な取引が可能!

LINE FXはトークアプリと連携でFX関連の情報を常に確認できるのが特徴で、独自の取引ツール「LINE FX」を使えばより直感的なトレードが可能です。システムの改良によって1,000通貨からの取引やPCツールを使った取引ができるようになり、取り扱い通貨ペアは23種類へと増加しました。最短3分で簡単に口座開設の申し込み完了するため、サービス開始からわずか8ヶ月で10万口座を達成しています。もちろん手数料無料・業界最狭スプレッドでFX初心者にもおすすめできます。

  • 最大5,000円プレゼント!

    LINE FXの
    無料口座登録はこちら

  • LINE FXのメリット

    FXに関する情報をいつでもLINEアプリで確認できる

    LINE FXはLINEトークアプリを通して、FXに関する重要な情報を通知してくれるのが特徴です。わざわざ他のサイトに飛ぶ手間がなく、重要な情報を常にチェックしておくことができます。通知のカスタマイズやオフにすることもできるので、トークアプリにFX情報が流れてくるのが嫌な人は止めることもできます。

    使い慣れた人が多いLINEトークアプリとの連携により自由な取引が可能になっています。

    PC版取引ツールで大きい画面での取引ができる

    LINE FXは取引がスマホのみとなっていましたが、2021年1月よりPC版取引ツールが登場し、取引のタイミングや好みに合わせて選べるように進化しました。

    仕事中や出先でのチェックやトレードはスマートフォンを使い、家で本格的にトレードをする場合はPCを使うなどの使い分けが可能です。Win/Macに対応しているので、Macを愛用している人でもLINE FXならストレスないツール取引が可能になります。

    業界最狭スプレッド

    LINE FXのスプレットは米ドル/円の場合で0.2銭と少ないコストで取引が可能です。投資家にとって、利益を増やすだけでなくできるだけコストを少なくしていくことが重要です。キャンペーンの適用でスプレッドがさらに縮小されることもあり、狙って取引すればさらに低コストで取引ができます。

    最短3分で口座開設の申し込みが完了

    FXは口座開設の申し込みが面倒・手間というイメージが強い人もいると思いますが、LINE FXは最短3分で申し込みが完了できます。

    特にいまはLINEのトークアプリを使っていない人の方が珍しいので、「FXには興味があるけど始めるまでが難しそう」というイメージを持っている人にはおすすめです。口座開設のキャンペーンも多く、簡単に口座開設ができることから新規口座開設数ナンバーワンを誇り、サービス開始から8ヶ月で10万口座を達成の実績があります。

    トークアプリの普及率からもさらなるサービス拡大・改良が期待できるFX会社です。

    取引通貨ペアは23通貨

    LINE FXの取引通貨ペアはもともと取引通貨ペアは10通貨ペアでしたが、2020年12月に23通貨ペアへと大きく拡大しました。

    メジャーな通貨ペアしか選ばないという人も多いですが、複数のFX会社を使い分けることや新たな口座開設は手間となるため、多いことに越したことはありません。他のFX会社に引けを取らない通貨ペアの多さで、初心者から投資家まで幅広いニーズに合わせた取引が可能になっています。

    LINE FXのデメリット

    デモトレードができない

    LINE FXのデメリットとして、現段階でデモトレード機能がありません。

    LINE FXは初心者が始めやすいメリットが多いながら、デモトレード機能を備えていないため、ひとつしか口座開設しない場合は最初からリアルマネーで取引する必要があります。

    FX会社はひとつしか開設してはいけないというルールはないので、他のFX会社との併用や口座開設しないでも利用できるデモトレード機能を利用すると良いでしょう。また、トークアプリとの連携により若者や初心者の利用者も多いので、これから搭載される可能性も予想されます。

    投資関連のサービスは歴史が浅い

    LINE FXは老舗のFX会社と比べれば、まだまだ投資関連のサービスは歴史が浅いです。例えば、LINE証券であればLINE Payからの入出金が可能ですが、LINE FXにはありません。LINEのサービス間での入出金などは今後のサービス改良に期待するしかありません。

    現在は取引履歴がダウンロードできないなどのデメリットもあり、以上を踏まえた上で開設する必要があります。大手の会社ではありますが、老舗のFX会社と比べてまだまだ利用者数や操作性に劣る点があることがデメリットです。

    FXサービス名の口コミまとめ

    始めるまで〜取引が簡単

    blank
    LINEから簡単に申し込みができて、普段使いの銀行口座から入出金ができるので便利です。取引をしたいときにもLINEからFX取引に飛べるので、待ち時間を有効活用してトレードをしています。
    blank
    取引を始めたいときにいつでも、LINEのウォレットからFXのトレード画面に行けて便利です。複数のアプリを使わなくても、待ち時間などにいつでもチェックができます。さらに本格的な機能を使いたい時はLINE FXアプリを使ってます。もともとLINEを使っていた人なら気軽に始められると思います。
    blank
    LINEから簡単に申し込みができたのでLINE FXを使ってます。取引できる通貨が多いし、1,000通貨から取引できるので資金が少なくても取引しやすいです。以前はキャンペーンでスプレッド0.1銭をやっていたので、頻繁に開催して欲しいと思っています。

    LINEでFXに関する情報が届く

    blank
    LINEのトークアプリを使っていたので、申し込みが簡単にできるのでLINE FXに決めました。LINEアプリからFXのお知らせが届くので、SNSチェックの感覚で情報が入手できています。
    アプリから簡単にFX取引に進めるところも気に入っています。
    blank
    LINEにFXの情報が届くので、取引をしていないときにもFXに関心が出るようになり、より取引が楽しくなりました。通知がうるさい場合は自分で欲しい情報を選べたり、通知オフにすることもできるので、ひとそれぞれ自分に合った使い方ができると思います。
    blank
    友達にLINEをするタイミングでFXのチェックができて便利です。忙しい時にも、LINEで返信打ってからFXアプリを開いてログインしてという手間がなく忙しい自分にぴったりだと思いました。

    基本情報

    取引手数料 無料
    最小取引単位(米ドル/円) 1,000通貨
    最大取引単位(米ドル/円) 100万通貨
    通貨ペア数 23通貨ペア
    最大レバレッジ 25倍

    取扱通貨ペア

    米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/米ドル カナダドル/円 ユーロ/英ポンド
    英ポンド/NZドル 米ドル/スイスフラン 南アランド/円 NZドル/円 豪ドル/米ドル
    スイスフラン/円 ユーロ/豪ドル 豪ドル/NZドル ユーロ/スイスフラン 英ポンド/円
    トルコリラ/円 メキシコペソ/円 英ポンド/豪ドル ユーロ/NZドル 英ポンド/スイスフラン
    豪ドル/円 ユーロ/米ドル NZドル/米ドル - -
    - -

    取引環境

    PC Windows ブラウザ:〇
    インストール:◯
    Mac
    スマホ iOS
    Android

    会社概要

    会社名 LINE証券株式会社 LINE証券株式会社
    所在地 〒141-0033
    東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階
    資本金 200億円
    自己資本規制比率 623.9%
    上場 上場
    お問い合わせ https://line-sec.co.jp/contents/support/index.html

    -FX

    Copyright© おカネのキホン , 2021 All Rights Reserved.