転職・就活の面接で落ちる理由と対策

×を示すスーツの男性

キャリアコンサルタント 竹下
面接で結果が出せず落ち込んでいる方、対策次第で面接通過率をグッと上昇させることは可能です!
この記事では不採用になった事例を採用担当者目線でお伝えすると共に、対策方法もご紹介します。改善ポイントを見つけ、効率的な面接対策を行いましょう。

面接で採用担当者が見ているポイントは4つ

採用担当者が面接でチェックしているポイントは大きく分けて以下の4つです。

  • 第一印象(身だしなみ、敬語、ビジネスマナー)
  • コミュニケーションが問題なくできるか
  • 採用基準を満たしているか
  • 回答に説得力・納得感があるか

つまり採用における面接の役割は、「書類で読み取りきれない部分を明らかにする」ことと言えるでしょう。

面接に落ちてしまった…実際の例と対策をご紹介
残念ながら面接に落ちてしまった、理由がどうしても知りたいという方は多いかと思います。一方で、落ちた理由は応募企業から開示されないことがほとんどですよね。

ここからは面接で不採用になったケースを採用担当者の声と一緒にご紹介します。ケース別の対策もお教えしますので、自分がどこに当てはまるか考えてみましょう。

第一印象が原因で不採用になったケース

まずは第一印象が良くなかったため不採用となったケースです。
一般的には第一面接で落ちてしまうという方に当てはまることが多いです。
採用担当者はどこを見て、どういう理由で不採用と判断したのでしょうか。一例をご紹介します。

採用担当者の声

blank
採用担当
髪型、服装がだらしない人は第一印象がかなり悪くなりますね。身だしなみに気を遣えないということは仕事も雑なのかと思ってしまいます。過去には寝癖がついた髪型としわしわのスーツでいらっしゃった方がいて、一目で不採用だなと思いました。

blank
採用担当
表情が暗い、ぼそぼそ話す人は第一印象が良くないです。「スキルは十分だけど第一印象がひっかかるな」という思いが拭えず不採用とした方もいました。
blank
採用担当
意外と敬語を使えない人はいますね。特にぽろっと「えっと…なんだっけな」や「あ、そういうことか」言ってしまう新卒の方、さらに「あ、それはね~」や「いやそうじゃなくてさ」などと答えるシニア層の方が多いイメージですね。
営業職では即不採用とすることもあります。顧客にタメ口を使われたら困りますから。
敬語使えるなんて当たり前!と思わず、今一度自分の言動に気をつけて欲しいです。

対策方法

身だしなみは基本中の基本です。面接前に最低限以下のことをチェックしましょう。

  • スーツ、シャツにしわがないか
  • ネクタイは曲がっていないか
  • 靴は汚れていないか
  • 化粧は派手すぎていないか
  • 髪は整えられているか(フケはないか)

表情、ビジネスマナーなどが問題ないかは意外と自分で気がつくことが難しい場合もあります。ご自身で面接練習をする方は動画を撮影し見返してみると良いでしょう。

また、転職エージェントでは面接対策を行ってくれるサービスがあります。プロから的確なフィードバックがもらえますので、是非利用をおすすめします。

コミュニケーションが原因で不採用になったケース

次は、「質問に対する答えがずれている」「人の話を遮る」など会話によるコミュニケーションに難があり不採用となったケースです。
一次、二次面接で落ちてしまうという方に当てはまることが多いです。

良くなかったケース

採用担当者の声

blank
採用担当
質問に対する回答が頻繁にずれている方は不採用にしています。質問の意図がわからないということは、業務指示を受けたときも掛け違えてしまうことが多いのではと考えるからです。

blank
採用担当
話が長すぎる人は不採用にすることがあります。後はこちらの質問が終わっていないのにかぶせ気味で「それは~~」と答える方は印象が良くないです。緊張しているのかもしれませんが気になります。
blank
採用担当
突っ込んだ質問をしているのに同じ回答をする人。これって、用意してきた回答を暗記して話しているだけでは?と思いますね。自分の言葉で話せていないと感じて不採用とします。

対策方法

会話のキャッチボールが出来ない人には2つの特徴があります。

一つ目は、「考えずに話してしまう」パターンです。自分の頭の中で回答が決まっていないのに、とりあえず話始めてしまうので、話が長くなり、かつ的を射ないのです。
これに当てはまる方は、まず結論から話す事を意識しましょう。また回答に困ったときは「少しお時間を下さい」といって考えてから話す癖付けをすると良いでしょう。

二つ目は、「緊張してしまい質問を取り違える」パターンです。普段の会話では問題がないのに、面接になると会話がかみあわないという方が多いです。
これに当てはまる方は、面接練習を積んで場慣れすることが一番です。面接の緊張対策は以下の記事でご説明していますので、参考にしてください。

>>詳しくは「面接で緊張しないための対策」の記事へ

採用基準を満たしておらず不採用になったケース

次は、「スキルや経験不足」「企業理解が浅い」「求める人物像と異なる」など企業が求める採用基準にマッチせず不採用となったケースです。
二次面接や最終面接で落ちてしまうという方に当てはまることが多いです。

良くなかったケース

採用担当者の声

blank
採用担当
こちらの企業理解をしていない場合、志望度が低いと判断しています。
最終面接では会社の事業、企業理念、サービス内容まで深く理解をし、自分の言葉で話せるようになっていて欲しいです。「企業理念に共感しました!」だけでは採用は難しいです。

blank
採用担当
スキルが採用基準を満たないと判断した場合は、見送りとしています。
これは経験を否定しているわけではなく、入社した際にご本人と当社側にアンマッチが起こらないようにするためです。
blank
採用担当
当社では「コンピテンシー(優秀な成果を発揮している従業員の行動・思考特性)」を採用活動に取り入れています。そのため、その行動・思考特性とマッチ度が低い場合は不採用としています。これは応募者と企業側のマッチングの問題です。

企業HPやパンフレットを積極的に読み、また可能であれば合同企業説明会や会社説明会に参加してみましょう。

スキル・経験不足の場合は、アピール方法を考え直す必要があります。
書類選考があり、それを通過した場合は最低限の基準はクリアできています。面接に臨む際には今一度ご自身のスキルを洗い出してみましょう。

一方で、求めている人物像とマッチしないというケースは対策が難しいと考えています。
私自身面接の際、採用担当者に「あなたは○○という思考特性があると感じたのだけど、それは当社に入社したら苦しいと思う。それでも次の選考に進みたいか?」と聞かれたことがありました。初めはショックでしたが、思考特性はズバリ当たっていましたし、自分にマッチしない企業に入社しても良い結果は得られないと考えたのでお断りをしました。

大事なことは、スキル・経験や行動・思考特性は正直に回答することです。採用されたいがために嘘をつくことは絶対にやめましょう。入社後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔するのはあなた自身です。

回答に納得感がなく不採用になったケース

最後は、「転職理由がネガティブ」「なぜ当社なのかがわからない」など、採用担当者が回答に納得できず不採用となったケースです。
二次面接、最終面接で落ちてしまうという方に当てはまることが多いです。

良くなかったケース

採用担当者の声

blank
採用担当
転職理由が「残業を減らしたいから」の一点張りだったので不採用にしました。当社に入社し残業時間が増えた際も、同じように辞めてしまうのではと思ったためです。

blank
採用担当
最終面接で、なぜ当社なのか?に「市場シェアNo.1だから」と答えた応募者。なぜ市場シェアがNo.1だと良いのか?とつっこむとだんまり。ただ当社の特徴を言うだけでは不採用です。当社に入社してからのビジョンを伝えて欲しいです。
blank
採用担当
強みは「社内外を問わない折衝能力」と答えた応募者の方から、全くそれを感じられなかった時は不採用を考えました。人の目を見て話せない、暗い、かつエピソードも薄かったので…。私たちが感じる応募者の印象と、強みがリンクしないときは納得感・説得力がないですね。

対策方法

退職・転職理由がネガティブな情報のみの場合、採用担当者は「当社に入ってもすぐ辞めるのでは」と思ってしまいます。その場合、「月70時間の残業が1年続いている労働体制に疑問を感じた」などと言い換えると共に、転職したい前向きな理由を合わせて伝えると良いでしょう。

また、「なぜこの会社なのか」は面接で必ず聞かれる質問です。HPに載っている情報をただ答えるだけではなく、自分事として捉え伝えるようにしましょう。
例の回答をアレンジすると、「市場シェアNo.1の御社で働くことで、私の実現したい『社会の基盤となる製品を開発・運用し、人の生活を支える』ことが最も達成できると考えたから」など、ご自身の軸を交えながら伝えると良いでしょう。

ご自身の強み、弱みに説得力を持たせるためには、客観的にもそう感じられるかが重要です。意外と自分だけでは対策が難しいこともありますので、同僚や友人に聞くことや、転職エージェントのアドバイザーに相談することをおすすめします。

明確な「受かったフラグ」「落ちたフラグ」は“ない”!

よく「面接に受かった、落ちたのサインはありますか?」と聞かれる事がありますが、私は「明確なものはありません!」とお答えしています。
なぜなら、採用基準は極秘情報であり、採用担当者はそれを満たしているかどうか等を面接の場で感じ取らせないよう心がけているためです。

「是非次の選考に進んでもらいたい、日程は開いているか?」や、「この経験では採用が難しい」などはっきりとした言動がない限り、受かった落ちたのサインはないと考えましょう。

まとめ

キャリアコンサルタントコメント

面接に落ちてしまうと、自分を否定されたように感じ、不採用だった理由がわからずもやもやする方は多いかと思います。ですが、あくまで採用は「企業と人とのマッチング」です。企業が考えるスキル・人物と、あなたのスキル・特徴があっているかどうか確認するのが面接の場だと考え、不採用だった際は「合わなかったのだ」と切り替えることも大事です。

一方で、身だしなみや準備不足では必ず改善ができます!面接対策は、一人で行うのは難しいもの。ぜひご家族や友人に協力してもらうほか、エージェントの面接対策サービスを利用してみましょう!面接通過率がグッと上昇しますよ。

-就職・転職ノウハウ

Copyright© おカネのキホン , 2021 All Rights Reserved.