金融の転職マイナビエージェント

金融のマイナビエージェント

マイナビエージェントの金融専門サイト!専門知識豊富なキャリアアドバイザーが強み

  • 金融
  • 専任アドバイザー
  • エージェント
  • 大手

  • キャリアアドバイザーは金融業界出身者
  • マイナビならではの独占求人が豊富
  • 10年先まで先を見据えた転職をしたい方
公開求人数 200件 非公開求人数 300件
対応エリア 全国 対象年代 20代〜30代
得意業種 金融

金融業界経験者がキャリアアドバイザーのため専門性が高い!

マイナビ金融エージェントのキャリアアドバイザーはメガバンクや生命保険会社など、金融業界出身者で構成される金融のスペシャリスト集団です。
金融の全ての職種に対応しているため専門性が高い職種の転職もサポート可能となっています。豊富な業界知識を元に入社後から10年後までのキャリアパスまでも見据えて企業を提案してくれる点がマイナビ金融エージェントの強みです。


金融業界に転職を考えている方で「金融業界に詳しいエージェントがいたらなあ…」と思っている方もいるでしょう。
転職の相談をするなら各業界に詳しいエージェントの方が安心できますよね。

金融のマイナビエージェントは金融業界に特化した転職エージェントです。
人材大手として名の通ったマイナビが運営しているので信頼度も高く、金融業界で転職するなら登録しておいて損はありません!

ここでは金融のマイナビエージェントの特徴や利用するときに注意して欲しい点、利用の流れまで全て解説していくので転職に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

金融のマイナビエージェントの特徴

金融のマイナビエージェントはマイナビエージェントを母体とした業界専門転職エージェントです。
若手を中心に手厚いサポートを展開しているので初めての転職にも向いています。

若手ならではのキャリアに関する悩みを受け止めてくれるだけでなく、マイナビに蓄積された若手向けの転職ノウハウを知ることができるためサポート重視で転職活動を進めたい方にもおすすめです。

ターゲット層は20代〜30代

母体であるマイナビエージェントが20代〜30代の若手をターゲットとしているため、金融のマイナビエージェントも同様に20代〜30代の若手にターゲットを絞っています。

マイナビエージェントに求人を出している企業は経験よりもポテンシャルを重視しており、若手の育成にも力を入れている企業が多い傾向にあります。

そのため職歴に自信がない場合でも安心して応募ができるのです。

求人数は500件ほど

金融のマイナビエージェントが持つ求人数は、公開求人が約200件、非公開求人が約300件です。
業界最大規模の10万件以上を誇るdodaやリクルートエージェントなどと比べると求人数はさほど多くありません。

求人量は少ないですが、求人の質では他のエージェントにも引けを取らないことで定評があるのが金融のマイナビエージェントです。
量より質を意識した求人で構成されており大手企業や優良中小企業の求人が中心となっているため企業によっては年収をあげることもできます。

定着率が低い企業は紹介しない、というマイナビのポリシーがあるのでブラック企業を紹介される心配もありません。

より多くの求人をみたい場合は他の転職エージェントと金融のマイナビエージェントを併用しながら考えるのも良いのではないでしょうか。

対応地域

金融のマイナビエージェントは都内を中心として大阪や名古屋など都市部の求人を多く取り扱っています。
特に東京の求人に強いので上京を考えている方や近くに住んでいる方は必見です!

登録後の面談も都市部のオフィスで対応しています。

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 横浜
  • 静岡
  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

都市部にあるためアクセスが良好で、どんな地域からも行きやすいという点がメリットでもあります。

デメリット

金融のマイナビエージェントはターゲットや地域を限定しているため、利用する人によっては不便に感じてしまうこともあります。
これはエージェントのターゲット層と利用者のミスマッチによって起こることなので落胆する必要はありません!もし不便に感じることがあったら別のエージェントを探してみましょう。

ここからは金融のマイナビエージェントを利用する際のデメリットについて説明していくので、自分の目的に合うかどうかチェックしてみてくださいね。

ハイキャリア求人が少ない

金融のマイナビエージェントはあくまで20代〜30代の若手をターゲットとしています。そのため40代以上のハイキャリア求人や管理職の求人などはほとんど取り扱われていません。

40代以上で高待遇の求人を探している場合はビズリーチなどのハイキャリア求人に特化した転職エージェントを使った方が効率が良いのでおすすめです。

対応地域が限られている

金融のマイナビエージェントの求人や面談会場は都市部に集中しており、地方にはあまり強くありません。
面談場所も限られているため地方在住の方にとっては面談だけでも長距離の移動が必要になり負担が生じてしまいます。

面談は電話でも可能になっているのでもし都市部まで来るのが厳しい場合はその旨をエージェントに伝えておきましょう。
ただし紹介される求人は都市部のもの多く、入社が決まった場合は都市部へ引っ越すこともあり得るので地方で転職したいという方は地方に強い転職エージェントの利用をおすすめします。

就職するためのコツや注意点

ただやみくもに転職活動をするだけでは効率が良いとは言えません。
ちょっとしたコツを抑えた転職活動が納得の行く転職への近道となります。

ここでは転職をするにあたってやっておいて欲しい点について解説していきますので参考にしてみてくださいね!

転職エージェントは複数使う

転職エージェントはひとつだけでなく、ふたつ以上利用することがおすすめです!

どんな転職エージェントにも向き不向きや得意とするサポートに違いがあります。
また担当のエージェントも人によって考え方や価値観に差があるので、1人のエージェントではなく複数のエージェントから意見を聞いた方が客観的な判断ができるようになり失敗しにくくなります。

複数のエージェントを使うことで選択肢をふやすことにも繋がり、より企業の比較・検討がしやすくなることもメリットです!

自分でも情報収集を忘れずに

自分が興味のある企業などは自分でも情報収集を行うようにしましょう!

転職エージェントを利用しているからといって全てをエージェントに任せ切りにしてしまうと判断材料や判断基準が少なく求人を絞りきれない、決めきれないといった事態になる可能性があります。

転職活動は自分から動かないと進みません。
入社後のミスマッチを防ぐためにも自分で企業に対する知識をつけておくことが望ましいです。

応募書類は素直にありのままを書く

blank
自分の職歴や経歴に自信がなくても、応募書類は自分のありのままを書きましょう!

自己PRなどの文章でも嘘をつくと見破られてしまうものです。
面接で嘘の記述について質問されても答えようがないのですぐにバレてしまいます。
一時的にしのげたとしても結果的に自分の信用を落とすことに繋がってしまうので嘘の記述は絶対にやめましょう。

金融のマイナビエージェント利用の流れ

金融のマイナビエージェントに登録すると担当者から面談の連絡があり、いよいよ転職活動がスタートとなります。

転職活動の流れを事前に知っておけば慌てることもなくてすむのでここで確認しておきましょう!
以下から営業のマイナビエージェントの利用の流れについて順を追って詳しく解説していくのでまずは読んでみてくださいね。

申し込み・登録

金融のマイナビエージェントの公式サイトにアクセスし、必要事項を入力してエージェントサービスに登録します。

登録は5分もかからずに終わるので転職活動をかんたんに始めることができますよ!
登録後すぐに担当エージェントから連絡が来るので、面談の日程などを調整しましょう。

面談

担当のエージェントと一対一で面談を行います。
この時の面談によって紹介される企業が変わってくるので、自分が考えている希望条件などは必ず全て伝えるようにしましょう。

もし転職自体に迷っている場合はその点についても相談相手となってくれるので一度相談してみるのも良いでしょう。

求人の紹介

面談が終わるとヒアリングした求職者の情報をもとにエージェントが希望に合う求人をピックアップして紹介します。

人間関係や会社の雰囲気など、普通では聞けないような点も聞けるのが転職エージェントの醍醐味です!
気になることがあったらどんどん質問するのも良いでしょう。

書類選考

応募したい企業が決まったらまずは書類選考に進みます。
担当エージェントが応募書類を添削し、より良いものにできるよう提案をしてくれます。
金融のマイナビエージェントは担当エージェントが熱心に指導してくれるので初めての転職で応募書類の書き方がわからないという場合でも安心して任せられるのがメリットです。

面接

書類選考に通過したらいよいよ面接が始まります。
面接は誰でも緊張しますよね。いざ面接が始まると頭が真っ白になってしまうという方もいるのではないでしょうか。

金融のマイナビエージェントでは、担当エージェントが事前に対策として模擬面接を行ってくれます。
模擬面接でよかった点や直した方がいい点を合わせてフィードバックしてもらうことができ、本番の面接でも慌てることなく受け答えができるようになります。

また業界の専門知識について質問されることが予想される場合でも、エージェントは金融業界の出身者であるなど専門知識が豊富なので安心して対策することができます。業界専任エージェントの強みのひとつです!

内定

マイナビエージェントは内定後のアフターフォローも充実している点がメリットです。

給与や勤務開始日などは遠慮せずに要望を伝えましょう。
担当のエージェントが代わりに企業側と交渉をしてくれます。

基本情報

会社概要

会社名 株式会社マイナビ
資本金 21億210万円
事業内容 (1)新聞の発行及び出版事業
(2)就職情報誌の提供、求人・採用活動に関するコンサルティング
(3)宣伝、広告、PR業
(4)労働者派遣事業、有料職業紹介事業
(5)セミナー・講演会・講習会等、催事の企画・立案・実施
(6)人材育成、企業経営のコンサルティング、教育・研修業務
(7)進学に関する情報の提供、生徒・学生の募集に関するコンサルティング
(8)各種検定試験の運営および運営の請負
(9)ブライダル情報の提供
(10)不動産の賃貸・譲渡に関する情報の提供、不動産の賃貸および仲介・斡旋業務
(11)旅行業、宿泊施設に関する情報の提供
(12)コンピュータソフトウェア、ゲームソフトウェア等の企画・開発・制作および販売
(13)通信回線、コンピュータシステムを利用した情報処理、情報提供サービス
(14)ヘルスケアに関する事業
(15)上記に付帯するその他の事業
運営会社サイト https://www.mynavi.jp/

事業拠点

北海道エリア 札幌オフィス
〒060-0002
北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
札幌フコク生命越山ビル 9F
首都圏エリア 東京(京橋)オフィス
〒104-0031
東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F

東京(新宿)オフィス
〒160-0022
東京都新宿区新宿四丁目1番6号JR新宿ミライナタワー 24F

横浜オフィス
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
スカイビル 19F

東海エリア 静岡オフィス
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町1-6
日本生命静岡ビル 2F

名古屋オフィス
〒450-6209
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
ミッドランドスクエア9階

近畿エリア 京都支社
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通り烏丸東入長刀鉾町10
京都ダイヤビル 7F

大阪オフィス
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4番20号
グランフロント大阪タワーA 30F

兵庫支社
〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通七丁目1番15号
三宮ビル南館 9F

九州エリア 福岡オフィス
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8番1号
JRJP博多ビル7階

対応業種・職種

対応業種 金融
対応職種 運用・開発|審査・査定|不動産金融|投資銀行系業務|コマーシャルバンキング|調査・分析|格付機関|投資事業|オペレーション|資産管理

-転職エージェント
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© おカネのキホン , 2021 All Rights Reserved.