転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職したい方(転職者)と企業の間に入って転職のサポートをしてくれるサービスです。
まず、「エージェント」には「代理人や代理店・また仲介業者」という意味がありますが、転職エージェントを利用すると担当者が付き、転職活動の相談や求人の紹介といった様々なサポートを無料で受けることができます。

「転職したいけど自分に合った仕事が分からない」という方も、転職エージェントを利用することで強みを活かした仕事に就くことができるでしょう。

条件に合った転職先を案内してくれる

「収入をアップさせたい」や「自宅から通える範囲の勤務地で働きたい」など、転職者が求める条件は様々ですが、条件に合った転職先を紹介してくれるのも転職エージェントのメリットです。

転職エージェントでは、単に条件に合った転職先を紹介するのではなく、転職者のキャリアや適性を判断した上で選び抜いた転職先を紹介してくれるので、実際に仕事を始めてみたら想像と違っていたというトラブルも未然に防ぐことができます。

他の求人サイトにない「非公開求人」が多数ある

転職エージェントには、他の求人サイトにはない「非公開求人」が多数あります。
転職エージェントの非公開求人とは、誰でも転職サイトで見ることができる公開求人とは違い、一般には非公開となっている求人のことです。

大手企業・有名企業や新規事業の募集、幹部や管理職の募集など、転職サイトの公開求人よりも多くの求人の中から転職先を探すことができるため、キャリアアップや収入アップにも繋がります。

書類選考、面接の対策もしてくれる

「初めての転職で履歴書や職務経歴書の書き方が分からない」という方や、「面接が苦手」という方も、転職エージェントならプロの視点から書類選考で有利になる履歴書・職務経歴書の書き方や、面接のコツを教えてくれるので安心です。
推薦状を出してくれる転職エージェントもあるので、書類選考の通過率をアップさせることもできます。

また、転職エージェントによっては模擬面接を行い、企業が重視するポイントを把握して、退職理由や志望動機といった伝え方が難しい項目についても適切なアドバイスを受けることが可能です。

給料の交渉も転職エージェントに任せられる

面接の場で担当者を前にして給料の交渉はしづらいものですが、転職エージェントを利用すれば給料の交渉を任せることができます。

転職エージェントなら企業と対等な立場で給与交渉を代行してくれるので、収入アップを希望する転職者にとってもメリットは大きいでしょう。

登録料・利用料無料!

「転職エージェントを利用するとお金がかかるのでは?」と気になりますよね。転職エージェントは登録料・利用料無料でサービスを受けることができます。

なぜ転職エージェントは無料で利用できるかというと、転職者ではなく企業側から入社が決まった際に謝礼という形で紹介料を受け取っているためで、転職者は転職エージェントを利用する際に料金はかかりません。

入社後もサポートしてくれる

転職エージェントによっては、入社後も定期的にフォローやサポートをしてくれるので安心です。
入社後も継続して行われるサポートにより、慣れない職場でも最大限に力を発揮できるでしょう。

ただし、全ての転職エージェントや企業で入社後のサポートが受けられるとは限らない点には注意してください。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者の有無です。
転職サイトはインターネットを使って自分で求人情報を探して応募する自己完結型のサービスですが、転職エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がいるため、手厚いサポートを受けたり、転職者に代わって求人情報の検索やスケジュール調整も行ってくれるので、在職中で忙しく、転職活動に時間が取れない方にも向いています。

以下に、主な転職サイトと転職エージェントの違いをまとめました。

転職エージェント 転職サイト
担当者の有無 あり なし
サポート体制 担当者による相談などサポート体制が整っている ネットで対処法を調べるなど自力で解決する必要がある
求人情報の数 転職サイトには公開されていない非公開求人にも応募できる 求人情報の掲載数は多い
気軽さや手間 面談があるため気軽さには欠けるが手間が省けるケースは多い 空いた時間に自分のペースで転職活動ができるが手間はかかる
転職成功率 適切なアドバイスやノウハウにより転職成功率は高い傾向にある アドバイスを受けられないため転職エージェントよりやや劣る

こうして転職サイトと転職エージェントを比較してみると、サポート体制や求人情報の数(求人数)などに違いがあるのが分かります。

過去に転職サイトを利用して転職活動が上手くいかなかったという方も、転職エージェントを利用することで希望通りの仕事に就ける可能性が広がるでしょう。

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの違い

転職エージェントは「総合型」と「特化型」という2種類に分けることができます。
「総合型転職エージェント」とは、様々な職種・業種の求人情報を扱っている転職エージェントで、「特化型転職エージェント」とは、業種や職種に特化した求人情報を集めた転職エージェントです。

例えば、幅広い職種・業種の中から自分に合った仕事を探したいという場合には求人数が多い「総合型転職エージェント」が向いていて、キャリアや特技を活かした仕事を探したいという場合には、キャリアアドバイザーの知識も豊富な「特化型転職エージェント」が向いています。

転職を考えている場合は「総合型」と「特化型」という、それぞれの転職エージェントの特徴を知って、目的に応じて使い分けるのがおすすめです。

転職エージェント利用に向いている人

  • 仕事が忙しく自分では転職活動を進められない人
  • 自分を客観的に判断できる人
  • キャリアやスキルがあり企業が欲しがるような人

それぞれを詳しく解説していきます。

仕事が忙しく自分では転職活動を進められない人

仕事が忙しく、自分ではなかなか転職活動を進められない人は転職エージェントの利用が向いています。
転職エージェントにスケジュール調整を任せて、限られた時間の有効利用ができる点も魅力です。

自分を客観的に判断できる人

転職エージェントを利用する場合でも、最終的に判断するのは自分です。
自分に合った職種・業種を見抜いたり、実力以上の年収を求めないなど、自分の能力を適切に判断できる人は転職エージェント利用に向いているといえます。

キャリアやスキルがあり企業が欲しがるような人

中途採用では即戦力として活躍できるように、ある程度のスキルが求められます。
資格を持っていたり、キャリアがあるなど企業が欲しがる人材は転職エージェント利用に向いているのです。

転職エージェント利用に向いていない人

  • 転職したい企業が決まっている人
  • ゆっくり時間をかけて転職活動を進めたい人
  • 資格を持っていないなどアピールの材料が少ない人

こちらも詳しく解説していきます。

転職したい企業が決まっている人

最初から転職したい企業が決まっている人は、転職エージェントにその企業の求人情報があるとは限らないので直接応募した方が良いケースがあります。

最近では転職サイト以外にも、自社の公式サイトやSNSで採用情報を掲載している場合もあるのでチェックしてみましょう。

ゆっくり時間をかけて転職活動を進めたい人

転職エージェントによっては、キャリアアドバイザーのノルマを理由に転職活動を急かされるなど、自分のペースで転職活動を進められない場合もあります。

期間を決めず、ゆっくり時間をかけて転職活動を進めたいという場合は、転職エージェントを利用しない方が良いケースもあるでしょう。

資格を持っていないなどアピールの材料が少ない人

資格を持っていない人や、キャリアがないなど、アピールポイントが少ない人は転職エージェントに登録しても思うような結果が得られない恐れがあるため注意してください。

転職の際に有利になる資格があれば取得を目指すなど、スキルアップしてから転職活動を始めても遅くはありません。

-就職・転職ノウハウ

Copyright© おカネのキホン , 2021 All Rights Reserved.